クレジットカード現金化の還元率などの知識

どうしても現金が欲しいとき、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化するという方法があります。
この方法は非常にダーティで違法、もしくは違法すれすれといえる手口なのですが、実際のところそれでどれくらい現金が手に入るのでしょうか。

業者に頼んで現金化をした場合

クレジットカード現金化において一番オードソックスな方法は、業者に頼んで業者の指定した特定の商品を買い、その後キャッシュバックを受ける方法です。
この方法での還元率は業者によって違いますがだいたい80%強から90%弱あたりになります。
つまり10万円のショッピング枠を現金化するなら8万5千円くらいになって返ってくることになります。
当たり前ですが、この10万円のショッピング枠を(場合によっては利子つきで)カード会社に返さないといけないことを考えるととてもお得な方法とは言えません。

自力で現金化をした場合

この場合は普通にカードを使って買い物をし、その後買った商品をどこかに売って現金を手にすることになります。
何の商品を買うかで大きく還元率は異なりますが、新幹線の回数券を売る場合購入金額の95%ほどの値段で売ることが出来ます。
他にも新品のゲーム機なども還元率が高く、オークションで売ると仮定すると手数料を差し引いても80%強くらいの値段にはなるでしょう。
しかしこの手のものを何度もカードで買っているとカード会社に勘付かれて、規約違反でカード利用停止になってしまうのでオススメできません。

クレジットカードの現金化の知識に関して

クレジットカードを利用して買った商品を、街中で営業している質屋に運んで行きながらお金に換金する行為自体は、違法にはなりません。

他にも、クレジットカードを使用して商品を購入しながらキャッシュバックを受ける行為なども、違法ではございません。

しかし、クレジットカードを利用して買った商品自体の所有権とは、クレジットカード業者へと、お金を支払いが完了するまでは、クレジットカード会社側の持ち物となっていたりします。

クレジットカードを使って商品を買ったりしながら現金へと直ぐ様換えて方法などに、契約先のクレジットカード業者は、特に難色を示します。

上記のような使い方をやる行為は、クレジットカード会社側がカードの利用料金の請求金額を、契約者へと求めて来たとしてでも、上手く決算出来なくなってしまうリスクなどが圧倒的に大きくなるからなんです。

過去には、クレジットカードの現金化をやっている悪質な営業システムの業者などが連続して警察から逮捕されてしまう事があり、利用者側が被害に遭うの恐れ、断る事態も起きたりしてました。

クレジットカードの現金化を実施している会社とは、日本の法律のスレスレの部分にあるので、明らかにグレーゾーンでありますし、間違いなく違法な作業だとも言えます。

▼安全に現金化するには業者がおすすめ!優良現金化業者についてはコチラ
クレジットカード現金化 安全リサーチナビ

クレジットカードの現金化の仕組みのおさらい

クレジットカードの現金化とは、基本的にショッピング枠を使用して、商品を買って行きながら、この購入した商品を、お金へと換える行為の事です。 クレジットカードの現金化には、キャッシュバック方式や、買い取り方式などである 、主には二種類のタイプが存在しております。 クレジットカードの現金化を行う為には、ショッピング枠自体へと、問題なく利用出来たりする、本人名義のカードが、必要不可欠となって
» クレジットカードの現金化の仕組みのおさらい の続きを読む